健康 若さ 自由

核酸効果–細胞から身体の老化を防ぎ、若々らせ、病気になりにく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dna 核酸 若返る

 

実証された高核酸すばらしい効果

 

いままでのところ、核酸が身体の老化を防ぎ、若々らせ、病気になりにくくするものであることはおわかりいただけただろう。だが、私の食事法によるメリットはそれだけにとどまれない。「注意力が散漫になり、仕事がおもようにはかどらない」「朝起きても、前日の疲れが残っていて、少しも熟睡した気分ではない」「体調が悪くて病院にいっても、体のあちこち検査されるだけで病名がつけられない」こういった目にみない老化、いってみれば、活力不足による老化にも、効果があるのだ。私たちが歩いたり、話したり、握手したり、電話のダイヤルを回したりするためには、当然エネルギーが必要となる。

 

私たちの体は、ゼンマイ仕掛けの自動車でもないし、乾電池式のロボットでもない、自分自身の身体の中で、必要なエネルギーを作り出さなければならない。

 

それでは、いったい、このエネルギーは、どういふに作られているのだろか。この生命の源になるのは、細胞の中のミトコンドリアという部分である。

 

ここではクエン酸が酵素の助けをかりて、次々に化学反応をおこして、エネルギーを作り出している。この科学過程は、クレブス回路、またクエン酸回路と呼ばれている。クエン酸回路から生まれるエネルギーはそのまましておくとむなしく浪費され、実際にエネルギーを必要とするときにはすっかり消えてしまっている。それを防ぐため、クエン酸回路に接して、エネルギーを貯蔵しておく電子伝達系がある。この電子伝達系になるのが、核酸RNAの基本単位のうちのひとつATP(アデノシン三リン酸)である。ATPRNAのヌクレオシドで、アデノシンに三つのリン酸がついた構造だが、リン酸がひとつずつ放れていくたびに、つまり、ATP ADP(アデノシン二リン酸)→AMP(アデノシン一リン酸)になるにしたがってエネルギーが放出される。

逆に、外からエネルギーが加えられてAMP ADPATPとなると、そのエネルギーが蓄えることになる。クエン酸回路によって作り出された物質は電子伝達系によって運ばれてゆくにつれて、エネルギーを蓄積するのである。

 

このATP(アデノシン三リン酸)エネルギーの蓄積があるからこそ、私たちは、日常の動作だけではなく、水泳やテニス、ジョギングといった比較的激しい運動を続けることができるのである。激しい運動ばかりでなく、精神的は意味での持続性、安定性なども、ATPの蓄積が多いほど強いものになる。

 

ここから、ひとつの結論が、生まれる。ATPを作り出すための材料とエネルギーをもっと与えれば、エネルギーの蓄積はより大きなものになる。そうすれば、心臓、筋肉の働きは力強くなり全身に活力がみちるだろう。また、精神的にも安定し、より意欲がでてきたり、集中力がアップしたりするだろう。そして、このATPを作り出す材料にあたるのが高核酸食品に含まれるのである。

 

逆に、もし、ATPが不必要に消耗されていたならどうだろうか。身体には何の異常もないのに、なぜか気力がない、という状態に陥ってしまう。しかし、実際、エネルギーを消耗させる物質も確かにあるのだ。これは、私自身の核酸に関する研究と、アメリカにおける低トリプトファン食に関する論文とから、

 

二つの方法でエネルギー連鎖が損傷を受けることがはっきりしている。ひとつは、クエン酸回路から、電子伝達系のATPにエネルギーが移るとき、アミノ酸の一種トリプトファンの代謝産物が妨害して、電子伝達系にエネルギーが

 

伝わらなくなってしまうのである。こうなると、細胞で作られたエネルギー

 

は電子伝達系に蓄えられず、ムダに消耗され、細胞の正常な機能に必要とされるパワーは失われる。この結果、細胞の機能は低下し、体力は衰え、内臓

 

の不調となって現われるのである。これは高齢者にはしばしばおくることで、

 

この年齢の人の病気の原因のひとつである。では、これを防ぐためには、いったいどのような方法があるだろうか。まず考えられるのは、トリプトファンが有害な物質を作らないような方法を見つけることである。しかし、残念なことに私たちには、まだこの方法は明らかにされていないのである。だが、方法は残されている。ATP(アデノシン三リン酸)を作るために必要なより多くの材料を身体に与えることと、電子伝達系を活気づけることである。つまり、ATP(アデノシン三リン酸)-高核酸食品を取ることが当面重要になってくる。

 

エネルギー連鎖が損傷を受ける二つ目は、ある種の酵素の異常によってクエン酸回路に原料が送りこまれず、エネルギー生産がストップしてしまう場合である。そうなれば、細胞のパワーは当然ゼロになる。エネルギーは酵素を使わない段階でとどまり、このためにガンが発生することもある。しかし、これも

 

高核酸で治療することが可能である。これは、次に述べる実際の治療

 

例で参照してほしい。以上のように、豊富な核酸を食事から取ることができれば、エネルギー細胞に蓄積するATP(アデノシン三リン酸)の量は増え、エネルギー連鎖は活発になるのである。このエネルギーは、古くて、働きが衰え

 

た細胞に活力を与え、損傷を回復し、生まれたばかりの若々しい細胞のような

 

機能を取り戻させるのである。

 

私は、核酸を使って、細胞に新しいエネルギーをふくこみ体全体を若返らせるという実証を、くり返し、くり返し、確かめてきたのである。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

  1. 細胞核酸
  2. プラセンタサプリ選びコツ
  3. 核酸 髪関係
PAGE TOP