健康 若さ 自由

人は血管とともに老いる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

血管の老化を早めないために~

動脈は心臓から拍出される血液が流れる血管で私たちの体のすみずみまで酸素や栄養を運ぶ重要な役割をしています。人間のあらゆる臓器は加齢とともに老化していきますが、この動脈も年齢とともに老化して弾力がなくなり硬くなったり、動脈の内側にさまざまな物質が沈着して内腔が狭くなり血流が悪くなってつまりやすい状態になります。このような動脈の状態を動脈硬化と言い、さまざまな病気(動脈硬化性疾患)のもとになります。

動脈硬化が心臓の血管に起きると虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)、脳や頸部の血管に起きると脳血管疾患(脳梗塞、脳出血、脳血管性痴呆)、腎臓の血管に起きると腎動脈硬化症による腎血管性高血圧や腎不全、大動脈に起きると大動脈瘤、四肢(主に足)の血管に起きると閉塞性動脈硬化症(最近では末梢動脈疾患と言います。)などの病気の原因になります。

動脈硬化にはいくつか種類がありますが一般的に動脈硬化という場合は粥状硬化症のことを指すことが多いようです。粥状硬化症は脂質を含むアテローム(粥腫)が動脈の内側に長い時間をかけて蓄積して成長し、隆起(プラーク)となり血管の内腔が狭くなります。一般的に動脈硬化といえば血管が硬くなるイメージかもしれませんが、この粥状プラークは壊れやすく、プラークが破れることによってそこに血栓が作られ、血管の内腔を閉塞させたり、さらに血栓が血管内を流れてより末梢の血管を閉塞させることにより組織の虚血(血流不足)を引き起こすのです。脳卒中の中でアテローム血栓性脳梗塞と言われている病態がこれの代表です。頭蓋内や頸部の動脈、また胸部の大動脈の粥状硬化が脳梗塞の原因になっているのです。

粥状硬化症は脂質異常症、糖尿病、高血圧、喫煙などにより生じると考えられ、これらを動脈硬化の危険因子と呼びます。

有名な内科医、ウィリアム・オスラー博士は「人は血管とともに老いる」という名言を残しました。私たちヒトの体は有限です。あらゆる臓器は年とともに衰えていき、これには誰一人として逆らえません。血管も加齢とともに老化し動脈硬化が進んでいきますが、これらの危険因子があると血管の老化がどんどん速くなってしまいます。

動脈硬化について正しい知識を持ち、上記の疾患の予防と治療、禁煙を含めた生活習慣の改善が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

  1. 肩こり
  2. 名の疲れ
PAGE TOP