健康 若さ 自由

核酸効果:コラーゲン ビタミンCを飲んでも 若々しい肌になるわけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DNA修復しないと、美肌にはなれない

特に女性が気になる「顔の皮膚にしまりがなくなり、まぶた、頬、あごの皮膚がたるみはじめる」「皮膚から水分が失われ、つやがなくなり、シワが増え、色もさえない」など老化現象はすべて表皮が薄くなったことが原因で、この表皮の一番下には基底層があり、ここで次々に新しい表皮が細胞分裂によってつくられ、一方、古くなった表皮はアカとなってこぼれおちていく。老化とは、この基底層で続けられる細胞は新陳代謝が衰えたことに他ならない。その根本的原因は、すべての細胞の活動をコントロールしている“核酸”の能力が低下したことにあります。その対策は核酸をどんどん食べればよいですが、コラーゲンが老化していると、十分に届きません。細胞の代謝やDNA合成は抑えられてしまうのです。コラーゲンと核酸を合わせて摂取することで、より効果が高まるのです。出典:ノーベル医学生理学賞から大発見 松永政司:「コラーゲンが導く驚異の核酸バランス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

  1. 線維芽細胞構造
  2. dna スキン
PAGE TOP