健康 若さ 自由

肉体疲労―エネルギ―を奪う意外な正体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
肉体疲労に核酸効果

DNA核酸と肉体疲労について

あなたが一度でも山登りをしたことがあればご存知だろうが、登山者は必ずレモンを携帯している。疲れた時にレモンを一口かじるのである。すると、それだけで何と元気が回復してくる。登山者にかぎらず、マラソン選手がレース中にレモンを口に含むのも同じである。これはいったいなぜなのか。

私たちの筋肉は激しい運動をして、エネルギーをさかんに代謝すると乳酸が出てくる。この乳酸のほとんどは血液に溶けだすわけただが、乳酸はもともと強い酸性である。乳酸が溶けた血液は酸性に傾く。血液が酸性になると、心臓の機能を低下させたり、貧血や低血圧になったり、身体全体が疲れやすくなる。

ふだん私たちの血液はph7,2~7,4の弱アリカリ性なのである。それが酸性に傾くのは異常な状態といえる。そこで、アルカリ性のレモンで酸性に傾きかけた血液を正し、心臓の機能を正常にもどして、早く疲労回復が行われるようにするのである。ところで、酸っぱいレモンがアルカリ性だというと、あなたは酸性の間違いではないかと思うかもしれないが、それはあなたのほうの勘違いだ。レモンばかでなく、あの酸っぱい梅干しもまたアルカリ性なのである。

食品はすべてそうだが、身体の中に入ると消化吸収されて細かい分子に分解され、各細胞でさまざまに利用される。これは一種の燃料といれる。したがって、食品の酸性度、アルカリ性度を調べるとき、その食品を完全に燃やして残った灰を水に溶かして測定するのである。こうして調べた結果、レモンや梅干しをはじめとする果物や野菜、豆類はアルカリ性食品であり、穀類や肉類は酸性食品なのである。したがって、血液を酸性にするのは、なにも激しいスポーツや労働ばかりでない。酸性食品をとりすぎることも私たちの血液を酸性にして、非常に疲れやすい状態にしてしまうのである。

肉類や穀類といった酸性食品が中心の食事をして、細胞のエネルギ―代謝を促す核酸を補給していないと、肉体的な疲労は極限状態になってくる。

あなたにはこんな経験はないだろうか。それほど疲れるはずもないのに、なにか突然、身体からすべての力が吸い取られたように感じたり、また、手を少しもち上げるのもつらいほどの脱力感に襲われたり・・・何かの拍子にこんな状態に陥るようなら、それはあなたの食事が原因なのである。おそらく、あなたは、パンや米、肉や卵を多く食べるわりに、野菜や豆類をあまり食べていないにちがいない。その結果、正常な弱アリカリ性であるべきあなたの血液は酸性に傾いていまっているのである。

そんなときの、“特効薬”が核酸を豊富に含んでいる食品なのだが、特にこのような場合には、核酸値もアルカリ度も強い食品を食べないかぎり、あなたはいつまでも疲れやすいというハンディを負い続けなくてはならないだろう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

  1. 線維芽細胞
  2. プラセンタ原末230 疲労改善
  3. dna核酸 20代体力に回復
  4. 抗酸化食事
  5. 身体の老化 寒がり
PAGE TOP