健康 若さ 自由

成長因子とは–Growth factor

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
成長因子サプリ

 成長因子とは

成長因子(せいちょういんし、英: Growth factor)とは、動物体内において、特定の細胞の増殖や分化を促進する内因性のタンパク質の総称である。増殖因子、細胞増殖因子(さいぼうぞうしょくいんし)などともいう。様々な細胞学的・生理学的過程の調節に働いており、標的細胞の表面の受容体タンパク質に特異的に結合することにより、細胞間のシグナル伝達物質として働く。

歴史的には種々の生物や組織に対して成長を促進する物質を指し、ビタミンなども含んだが、現代ではほとんどの場合、上記の意味で用いられる。

代表的な成長因子

プラセンタとは哺乳動物の胎盤が原料となっており、プラセンタにしか含まれていない成長因子は、他の美容成分には含まれておらず、他の食べ物で補うこともできない成分です。
成長因子は、細胞増殖因子(グロースファクター)と呼ばれていて、細胞の成長を促してくれます。
体の中の細胞の種類によって成長因子の働きは違っていて、細胞分裂のきっかけをそれぞれの成長因子の働きにより、刺激をあたえて細胞の成長を促してくれるのです。
そのため、成長因子によってヒト成長ホルモンを活性化させることで老化を予防することにつながるのです。

老化は年齢を重ねるとともに、どうしても避けられないものですが、きちんとしたケアをすることで、老化のスピードは遅らせることができるのです。

成長因子にはEGFやFGFなどの色々な種類がありますが、成長因子は肌を健康に若々しくいるためにとても大切な役割をしています。

また、成長因子は10歳ごろまでは体内で作られるのですが、10歳を過ぎたころから減少しはじめて、20歳を過ぎると急激に減少してしまいます。
そして、30歳をすぎるころになると、さらに成長因子の生成量が減ってしまうため、外から摂取して補わなければ減少し続けてしまうのです。

年齢とともに肌のハリがなくなってきたり、ターンオーバーが遅くなったりなどの症状も成長因子の生成量が減ってきたというサインなのです

成長因子は構造的・進化的に関係のあるいくつかのファミリーに分類することができる。このファミリーにはTGF-β骨形成タンパク質(bone morphogenic protein:BMP)、ニューロトロフィン(神経栄養因子:NGF、BDNF、NT3など)、線維芽細胞増殖因子(FGF)などがある。成長因子は現在、医療でも盛んに用いられている

 成長因子 サプリ:プラセンタにしかない成長因子とヒト成長ホルモンとは

人は生まれてから大人になるまでに、脳の下の方にある分泌腺、下垂体から分泌されるヒト成長ホルモンによって成長期の体を作ります。
例えば、遺伝なども関係するものの、男の子の身長に大きな差が出たりするもの、栄養や環境にもよりますが、この成長ホルモンの分泌量によるところがあります。
また人の体の細胞・皮膚・筋肉・骨・臓器などの成長や代謝など、体の機能を正しく調整するとても重要なヒト成長ホルモンの分泌量は、10歳ごろから思春期をピークにして減り始めて、20歳代後半になると急激に減少し始めます。
成長ホルモンの分泌は成長期だけでなく、大人になってからも肌の細胞や身体のさまざま部分の修復や再生などにも必要となってくるので、この成長ホルモンの減少が、肌の衰えなどの老化現象を起こす原因となります。

そして、このヒト成長ホルモンの分泌を促してくれるのが、プラセンタにしか含まれていない成長因子です。
今回はプラセンタの最大の特徴といわれている成長因子(グロースファクター)について詳しく説明します。

プラセンタとは哺乳動物の胎盤が原料となっており、プラセンタにしか含まれていない成長因子は、他の美容成分には含まれておらず、他の食べ物で補うこともできない成分です。

成長因子は、細胞増殖因子(グロースファクター)と呼ばれていて、細胞の成長を促してくれます。
体の中の細胞の種類によって成長因子の働きは違っていて、細胞分裂のきっかけをそれぞれの成長因子の働きにより、刺激をあたえて細胞の成長を促してくれるのです。
そのため、成長因子によってヒト成長ホルモンを活性化させることで老化を予防することにつながるのです。

老化は年齢を重ねるとともに、どうしても避けられないものですが、きちんとしたケアをすることで、老化のスピードは遅らせることができるのです。成長因子にはEGFやFGFなどの色々な種類がありますが、成長因子は肌を健康に若々しくいるためにとても大切な役割をしています。

また、成長因子は10歳ごろまでは体内で作られるのですが、10歳を過ぎたころから減少しはじめて、20歳を過ぎると急激に減少してしまいます。
そして、30歳をすぎるころになると、さらに成長因子の生成量が減ってしまうため、外から摂取して補わなければ減少し続けてしまうのです。

年齢とともに肌のハリがなくなってきたり、ターンオーバーが遅くなったりなどの症状も成長因子の生成量が減ってきたというサインなのです。

 成長因子のそれぞれの役割

成長因子には、年齢と重ねるとともに出てくる老化現象を、元に引き戻そうとする力があり、細胞分裂を活性化させて、新陳代謝を上げる効果が期待できます。 そして、この成長因子にはさまざまな種類があります。

線維芽細胞増殖因子(FGF)

皮膚の真皮に線維芽細胞はあり、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンを作り、真皮に閉じ込めます。
肌にハリがでて、しわやたるみなどを改善をサポートしてくれます。

上皮細胞増殖因子(EGF)

皮膚の構造は、表皮、真皮、皮下組織となっており、表皮細胞にターンオーバーを促すので、肌が潤いキメが整います。
角膜、肺、気管など、上皮細胞を増殖させます。

インスリン様成長因子(IGF)

細胞の再生や様々な器官の修復を促したり、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンを増やしてくれるので、しわやたるみの予防になります。
筋肉細胞の活性化を促して、筋肉を作る効果も期待されます。

肝細胞増殖因子(HGF)

 肝細胞を増やして、皮膚や臓器など傷ができたところを、細胞の増殖、修復と再生を促します。
肝機能がダメージを受けた時、肝細胞をHGFによって活性化させて改善することが期待できます。

神経細胞増殖因子(NGF)

自律神経やホルモンバランスを整え、神経細胞の増殖を促します。
更年期障害やうつ病などの症状の改善が期待できます。

コロニー形成刺激因子・インターロイキン(CSF)

免疫力を上げて、白血球(顆粒球・マクロファージなど)の幹細胞を増殖させます。
自然治癒力があがり、ウィルスや細菌などに対抗できるので、病気をにくくなります。このように、プラセンタにしかない成長因子の働きで、年齢によって出てきてしまった老化現象にも、肌や体の中の細胞が活性化されて元気にしてくれるサポートをしてくれるのです。

最近では植物性や海洋性のプラセンタといわれる種類のものが登場していますが、これらには成長因子がふくまれていません。
成長因子が含まれているプラセンタといえば動物性のプラセンタだけとなります。

そこで管理人がおすすめしたいプラセンタとして馬プラセンタサプリなのです。
馬由来の胎盤は1年に1頭の出産しかしないので、厚みがありぎっしりと栄養素が残っているため、とても品質の高いプラセンタ成分が抽出されます。
また、高純度・高品質・安全性が高い、馬プラセンタサプリメントの摂取でアンチエイジングの効果が期待できるのです。
馬プラセンタサプリは高品質ということからか多くの方がプラセンタ効果を感じることができると評判です。馬プラセンタには美容や健康の効果が驚くほどたくさんあります。
外見も体の内側からも健康で若々しく促してくれる働きをするのが成長因子です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

  1. 線維芽細胞構造
  2. プラセンタサプリ選びコツ
  3. 更年期 女性ホルモン
PAGE TOP