健康 若さ 自由

男性の更年期障害の症状と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

更年期障害と聞くと女性だけの問題だと思われがちですが、実は男性にも更年期障害はあります。男性更年期

女性の場合、閉経が近づき更年期に差し掛かることで、それに伴って女性ホルモン(エストロゲン)が減少しホルモンのバランスが乱れることにより起こるのが更年期障害です。

 

男性の場合は女性より少し遅く50代の後半くらいから徐々に男性ホルモンが減少してきます。

 

影響するホルモンは女性とは異なり、テストステロンという男性ホルモンになります。
このテストロゲンが減少することで起きてくる様々な体の変化が男性の更年期障害です。

 

男性更年期の原因

男性更年期DNA核酸

男性に更年期の症状が起こる原因は男性ホルモンであるテストステロンの減少が原因です。
テストステロンは思春期から急激に増え、30代後半から徐々に減り始めます。

 

だだしこれにはかなり個人差があります。

 

女性の場合は閉経という大きな節目を境に女性ホルモンが誰でも減少しますが(一生閉経を迎えない人はいません。ですから誰でも通る道です)、男性の場合はこの節目がありません。
ですので40代、50代、60代になってもかなりの男性ホルモンを分泌できる方も多くいるのです。

 

よく言う「男らしさ」とか「征服欲」、「冒険心」などは男性ホルモンの影響が強いと言われています。

反対男性ホルモンの減少はこのような男性らしさまで失ってしまう原因にもつながります。

 

ストレスなどで男性らしさが発揮できず、イライラや不安が強くなると男性ホルモンの分泌も減少します。
男性の更年期障害が多くなる40代、50代は仕事も忙しく、責任も大きくなる世代、また家庭での父親としての役割も大きくなる時です。
このような環境にうまくついていけなくなり心が負けてしまうと男性ホルモンも減少してしまいます

 

もちろん精神的なものばかりではなく、溜まり切った疲労や睡眠不足も加齢と伴って大きくなり、これも男性ホルモン減少の原因にもつながります。

 

先天的なものもありますが、性格や生活習慣で大きく左右されるものだというのも真実です。

 

 

 

男性の更年期障害の症状

男性の更年期の場合の症状は、精神的症状、身体的症状、性機能的症状などがあります。
男性特有のものもありますが、女性の更年期の症状と同じようなものもたくさんあります。

 

 

精神的症状 うつ症状、不安感、気分の落ち込み、イライラが止まらない、興奮しやすい、不眠、熟睡できない、気力低下、判断力の低下など
身体的症状 筋肉痛、関節痛、肩凝り、腰痛、背中の痛み、脱毛、ドライアイ、皮膚の乾燥、喉の渇き、口の渇き、多汗、ホットフラッシュ、のぼせ、耳鳴り、めまい、動悸など
性機能的症状 勃起障害(ED)、性欲の低下など

 

以上のような症状が主なものですが、特に性生活についての悩みが多いのが男性の更年期の特徴です。
この場合は「加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)」という病名で診断されることもあります。

 

また精神的な面で症状が出てしまう方も非常に多く、更年期の鬱病と診断される方も見られます。
 

 

男性更年期のチェック【AMS調査票】

 

「これはもしかしたら男性の更年期かな?」と思った時に自分でチェックできるAMS調査票というものがあります。

 

 

NO 項目 チェック(点数)
1 総合的に調子が思わしくない

 

なし

(1点)

軽い

(2点)

普通

(3点)

重い

(4点)

非常に重い

(5点)

2 関節や筋肉に痛みがある

 

なし

(1点)

軽い

(2点)

普通

(3点)

重い

(4点)

非常に重い

(5点)

3 ひどい発汗がある

 

なし

(1点)

軽い

(2点)

普通

(3点)

重い

(4点)

非常に重い

(5点)

4 睡眠の悩みがある なし

(1点)

軽い

(2点)

普通

(3点)

重い

(4点)

非常に重い

(5点)

5 よく眠くなる なし

(1点)

軽い

(2点)

普通

(3点)

重い

(4点)

非常に重い

(5点)

6 イライラする なし

(1点)

軽い

(2点)

普通

(3点)

重い

(4点)

非常に重い

(5点)

7 神経質になった

 

なし

(1点)

軽い

(2点)

普通

(3点)

重い

(4点)

非常に重い

(5点)

8 不安感がある

 

なし

(1点)

軽い

(2点)

普通

(3点)

重い

(4点)

非常に重い

(5点)

9 身体の疲労や行動力の減退がある

 

なし

(1点)

軽い

(2点)

普通

(3点)

重い

(4点)

非常に重い

(5点)

10 筋力の低下がある なし

(1点)

軽い

(2点)

普通

(3点)

重い

(4点)

非常に重い

(5点)

11 憂鬱な気分だ なし

(1点)

軽い

(2点)

普通

(3点)

重い

(4点)

非常に重い

(5点)

12 「絶頂期は過ぎた」と感じる なし

(1点)

軽い

(2点)

普通

(3点)

重い

(4点)

非常に重い

(5点)

13 力尽きた、どん底にいると感じる

 

なし

(1点)

軽い

(2点)

普通

(3点)

重い

(4点)

非常に重い

(5点)

14 ヒゲの伸びが遅くなった

 

なし

(1点)

軽い

(2点)

普通

(3点)

重い

(4点)

非常に重い

(5点)

15 性的能力が衰えた

 

なし

(1点)

軽い

(2点)

普通

(3点)

重い

(4点)

非常に重い

(5点)

16 早朝勃起(朝立ち)の回数が減少した

 

なし

(1点)

軽い

(2点)

普通

(3点)

重い

(4点)

非常に重い

(5点)

17 性欲が低下した

 

なし

(1点)

軽い

(2点)

普通

(3点)

重い

(4点)

非常に重い

(5点)

 

17~26点:男性更年期障害ではない
27~36点:軽度男性更年期障害の可能性  
37~49点:中等度男性更年期障害の可能性  
50点以上 :重度男性更年期障害の可能性

 

いかがだったでしょうか?
チェックの結果、軽度の場合は一度男性ホルモンの値が正常かの検査を、中度以上の場合は医療機関へ相談をすることが望ましいと診断されます。

 

 

始まりもあいまいで終わりがない男性の更年期

女性の更年期障害は閉経の前後で起き、ホルモンバランスが落ち着くと更年期障害も落ち着き更年期は終わりを告げますが、男性の更年期の場合は終わりがありません
男性ホルモンは30代の後半から減少し始め、その後もどんどんと減少していきます。

 

また閉経の前後というように「この時から」というのもないため、60代、70代で更年期の症状が出てしまう場合もあります。

 

このようなことからも男性の更年期は見落とされてしまいがちで、気が付いたら重度になっていることも多いのです。
そして症状が重い場合は病院での治療が有効です。
ぜひ、AMS調査票で「もしかしたら?」と思う節がある場合は専門医を訪ねてみてください。

 

 

男性の更年期障害は何科を受診すればいいのか?

女性の更年期は婦人科を受診するのが一般的ですが、男性の場合は何かを受診すればいいのでしょうか?

 

男性が更年期を疑って受診をする際は、「泌尿器科」が一般的です。
(男性の更年期の外来もありますが数は少なく全国的にはまだまだあまり受診できる病院はありません。)

 

ここで男性ホルモンの値を検査しその数値がひとつの指標になります。
一般的には血液1ml中にテストステロンが300ナノmg~350ナノmg以下になると男性の更年期、加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)と診断されます。
ただ男性ホルモンの値はもともと個人差があるので、これに加えて問診を行い判断することになります。

 

病院での治療方法は?

男性の場合もホルモン男性ホルモン補充療法(ART)を受けることができます。
※女性の場合は【HRT】と呼ばれますが、男性の場合は【ART】となります。

 

男性の更年期障害は男性ホルモンの低下が原因ですから、足りなくなった男性ホルモン(テストステロン)を注射や飲み薬から、塗り薬などで補充していくことで改善を図ります。
よく見られる治療法としては、男性ホルモンであるテストステロンを2週間から3週間に1回筋肉に注射をするという方法が多いようです。
個人差はあるものの、男性ホルモン補充療法を始めると、3カ月~半年ぐらいから効果があったという方が多くいます。
そして1年後くらいには正常時の50%~90%くらいまで回復したと感じる方が多いようです。

 

またうつ状態がかなりひどい場合は心療内科を紹介され「抗うつ剤」や「安定剤」などを処方してもらうことも可能です。

 

 

副作用の心配は?

 

女性のホルモン補充療法の場合は子宮がん等の心配が懸念されており、治療を避ける方も多いのですが、男性のホルモン補充療法の場合は女性よりも副作用の心配は少ないと言われています。

 

心配されるのは、前立腺がん前立腺肥大症などですが、最近の研究ではこの疾患の発症率には結びつかないという検証が出てきています。
ただ、現在これらの疾患に患ってる場合は治療を行うことはできません。

 

これ以外には、赤血球の異常増加による「多血症」、「睡眠時無呼吸症候群」などの心配が懸念されることもあります。
また、「女性化乳房」「ニキビ」「浮腫」といった症状が出る場合もあります。

 

とても効果的である治療法であるため副作用の心配も確かにありますが、重度の更年期でうつがひどくなり会社などに行けなくなる方もたくさんいます

 

この症状は普通じゃないな・・と思ったら、やはり無理をせずに何かしらの対策をとるようにしていきましょう。

 

生活習慣の改善で男性ホルモンを回復させる

 

病院での治療以外でもテストステロンを上げ男性の更年期を改善させる方法はいろいろあります。

 

適度な運動(筋トレ)などを行う

筋力トレーニング(筋トレ)は男性ホルモンの向上にとても有効だと言われています。
筋肉隆々の肉体美!までとはいきませんがある程度しっかりとした全身の筋トレを行うと大きな効果が期待できます。
自己流で行う方法もありますが、時間と予算が許すなら、是非一度ジム等に通って、正しい筋トレの仕方を身に付けるのもおすすめです。
今後の健康のためにも、精神的なストレスの解放のためにもきっと思った以上の効果を得られると思います。

 

良い睡眠をとる

 

しっかりした睡眠をとることも男性ホルモンの分泌にはとても大切です。

睡眠のゴールデンタイムと言われる22時から翌2時まで・・・というのはさすがに働き盛りの男性にとっては難しい時間帯かもしれませんが、
できるだけ夜更かしをせず、これに近い時間に就寝することも心掛けてみてください。
また男性更年期は不眠を伴うことが多いのも特徴。
少しでもいい睡眠がとれるように枕やマットなどの寝具も体に合ったものに見直してみるのもいいでしょう。
どうしても寝付けない場合は、市販の睡眠導入剤などを取り入れてみるのもおすすめです。

 

食生活を見直す

 

食生活も大きく影響します。

高カロリーの食生活は厳禁です。脂質を減らし、食物繊維などをしっかり摂れる食事をしていきましょう。
亜鉛やビタミンDの多く含まれる食品などを摂取するのもおすすめです。
赤みの肉、玉ねぎ、牡蠣などは特に男性ホルモン分泌におすすめの食材です。

 

楽しみも取り入れる

 

楽しむことを生活に取り入れることも重要です。

楽しいと思うことはストレスのもちろん解消にもなりますし、やる気を起こさせることにもつながります。
また、女性と話すというのも、男性ホルモンの分泌にはとてもいいことです。
(あまりはっきり奥様には言えないかもしれませんが・・会社でもお店でもいいので女性と少し話をしてちょっとだけドキドキするというのもすごく効果的な方法でもあります。ただし飲み過ぎは逆効果です。)

 

 

 

目立たないからこそ気を付けたい男性更年期障害

 

男性の更年期障害は女性の場合と違って目立たないことが多いです。

女性に比べて男性の更年期障害が話題にならないのは、女性の場合に比べて発症する年齢に個人差があるためです。

 

女性に起こる更年期障害は閉経の前後5年と言われており、大概が50歳頃となります。
一方で男性の場合、テストステロンの活動が衰える時期が個人差によってバラつきが大きく、30代で衰え始める人もいれば、70歳でも30代並みにテストステロンを分泌している人もいます。
テレビなどでよく元気に長生きしているおじいさんが紹介されたりしますが、そのような方はテストステロンがまだまだ分泌されている可能性は高いでしょう。

 

このような理由から、男性において「更年期」と呼ばれる年代を特定するのが難しく、症状があっても単なる体調不良と考える人が多いのです。
うつ病などと扱われることも少なくありません。

 

理解されないつらさ

 

男性にも更年期障害がある、ということが認知されていないこともあり、更年期障害の症状が現れていても、「単なる体調の問題」、「怠けているのではないか」などと片付けられてしまい、深刻化してしまうケースもあります。
うつ病も理解されにくいということが社会的な問題として扱われていますが、それと似ているところがあるとも言えるでしょう。

 

男性の更年期障害は、女性よりもさらに周囲の理解が得られにくいという問題があります。

 

「もしかして?」と思ったら「何とかなる」と放置するのではなく、積極的に病院のカウンセリングやサプリメントなどを利用して、快適な生活を取り戻してみるほうが前向きで効果的です。

 

 

特にうつ状態がひどくなってしまうと、会社に通えなくなったり生きがいもなくなってしまうことも多々あります。
状況がひどくならないうちに、是非、専門家に相談されることをおすすめします。

 

男性におすすめの更年期サプリは?

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

  1. 核酸 風邪知らずの体
  2. 核酸とコレステロール
  3. 更年期
  4. 抗酸化食事
PAGE TOP