健康 若さ 自由

ミトコンドリアとは|エネルギーと若さの正体 核DNAとミトコンドリアDNA修復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンチエイジング効果もあると注目されている「ミトコンドリア」。名前は知っていても、その働きについてはよく分からないという方が多いのではないでしょうか。

ミトコンドリアは私たちの体をつくる全ての細胞の中にあり、細胞の代謝を司る働きがあります。ミトコンドリアを増やせば、「細胞の老化を遅らせることができる」老化防止効果と「脂肪やブドウ糖の代謝が促進され太りにくくなる」といったダイエット効果まで期待できます。

ミトコンドリアとは?

 

ミトコンドリアといえば、中学校の生物の教科書にあった、細胞の中にあるミドリ虫のような形状をしたものを思い浮かべますが、実は、私たちが生きるためにとても重要な役割を担っています。

ミトコンドリアは、私たちの体を形成する全ての細胞内にある小器官の一つ。一つの細胞には数個から数千個ものミトコンドリアが存在すると考えられています。細胞内で酸素と栄養素を原料にして、細胞が活動するために必要なエネルギー源となる「ATP(アデノシン三リン酸)」を生成しています。細胞はこのエネルギーを使って新しい細胞をつくったり、傷ついた細胞を修復したりしています。

ミトコンドリアがつくる重要なnoha、DNAATPとマトリックス(保水力)の主に2つがあります。

「ATP」は、別名「アデノシン三リン酸」と呼ばれる物質で、人間の体の全細胞にとって重要なエネルギー源のことです。体重1kgに1兆個の細胞があるといわれているので例えば体重70kgの人の場合、体全体の細胞数は70兆個。ATPは日々これだけ多くの細胞を動かして 傷ついた細胞を修復したり、新しい細胞を生成したりしているのです。

ミトコンドリアがつくる重要なのはDNA修復、ATPとマトリックスがあります。

「ATP」は、別名「アデノシン三リン酸」と呼ばれる物質で、人間の体の全細胞にとって重要なエネルギー源のことです。体重1kgに1兆個の細胞があるといわれているので例えば体重70kgの人の場合、体全体の細胞数は70兆個。ATPは日々これだけ多くの細胞を動かして 傷ついた細胞を修復したり、新しい細胞を生成したりしているのです。

ミトコンドリアの機能が衰えるとどうなるの?

体の老化の原因の一つは、ミトコンドリアの機能が衰えるということ。機能が衰えると、ATPなどが十分につくり出されなくなり、エネルギー不足のため、新しい細胞を生成したり、傷ついた細胞を修復したりすることができなくなります。もちろん、肌をうるおす状態へ導くこともできません。ミトコンドリアと老化には深い関係があるのがお分かりいただけるでしょう。

細胞を元気に保つには、体を活発に動かすためのエネルギーを生み出すミトコンドリアの働きが極めて重要なのですが、ミトコンドリアは加齢とともに減少し、機能が衰えてしまいます。その主な原因は、活性酸素によってミトコンドリアDNAがダメージを受けるからだと考えられています。

活性酸素が細胞の老化の原因になることはよく知られています。加齢だけでなく、ストレス、睡眠不足、過食、過剰な薬物、喫煙、運動不足などさまざまな要因によって活性酸素は発生します。一方で、私たちの体には活性酸素を消去するシステムが備わっているのですが、活性酸素が増え過ぎると、消去し切れなくなり、細胞にダメージを与えてしまいます。

実は、ミトコンドリアはエネルギーを生産する際に活性酸素を発生します。皮肉なことに、それがミトコンドリア自身のDNAにもダメージを与えてしまうようです。

最近の研究では、ミトコンドリアの働きが低下すると、エネルギーを生産する際に出る活性酸素の量がより多くなるといわれています。逆に、ミトコンドリアの働きが良いと発生する活性酸素が少なくなり、より多くエネルギーを生産することができます。その結果、代謝が上がり老化を遅らせることができるのです。

代謝の低下は年齢ではなく、ミトコンドリアの減少!?

20代の頃と比べて「疲れやすくなった」「気力がなくなった」「太りやすくなった」と感じてはいませんか?このような体調の変化は、代謝の低下が原因と考えられます。一般的に、加齢により代謝が低下するといわれますが、最近では「加齢」が原因というよりも、「ミトコンドリアの減少」が関係していると考えられています。

私たちの体に必要な「生体エネルギー」を生み出しているミトコンドリアは、放っておくと40代前半から減少し、機能も衰えます。ミトコンドリアの数が少なくなったり衰えたりすると、エネルギーがうまく作れず不足してしまいます。また、エネルギーに変換されずに余ってしまった酸素は活性酸素になってしまい、余分な栄養素(脂肪やブドウ糖)は中性脂肪として蓄えられてしまうのです。

ミトコンドリアを増やす方法

老化や時に重病発症にも関係しているミトコンドリア。加齢を止めることはできませんが、嬉しいことに、ミトコンドリアは年齢に関係なく増やすことができるといわれています。ミトコンドリアを増やすことができれば、体内でエネルギーをつくる能力を上げ、活性酸素も抑えることができます。結果、細胞の老化を防ぐことができるのです。

方法1:定期的に運動をする

カナダ・マックマスター大学のマーク・ターノポルスキー博士が実施したマウスを使った実験によると、週に3回の45分間の運動を5ヶ月間続けたマウスは、運動をしていないマウスよりもミトコンドリアの数が多く、ダメージも少なかったそうです。また、運動をしていないマウスは、白髪や抜け毛が目立ち、体が衰え、死んでしまう一方で、運動を続けたマウスは、筋肉や脳の質量をほぼ維持し、毛も濃くしっかり生えていたそうです。

この他にも、電車の待ち時間に片足立ちをしてみたり、階段を1段飛ばしで上ったり、スクワットをしたり、日常的に少しでも多く体を動かすようにすることが大切です。

方法2:普段から背筋を伸ばして姿勢を正しく保つ

「有酸素運動は少しハードルが高い」という方には、椅子に座っている時に背筋をピンと張るだけでも効果的です。1分以上意識して、背筋を伸ばした正しい姿勢を保つだけでも、ミトコンドリアを増やすことができます。これはミトコンドリアが特に背筋の筋肉や太ももの筋肉など姿勢を保つために必要な筋肉に多く存在しているためです。

方法3:食事方法や摂取する食べ物に気をつける

食べ過ぎは、ミトコンドリアの機能を弱めてしまいます。逆に腹八分目にすると、ミトコンドリアの量が増えて機能がアップするそうです。

腹八分目による空腹感がミトコンドリアを元気にするといわれていますが、痩せ過ぎてスタミナ不足に陥ってしまってはいけません。ミトコンドリアを増やし、その働きを助ける栄養素をしっかり摂ることが大切です。

例えばイカやタコ、貝類などに多く含まれる「タウリン」には、ミトコンドリアを増やす効果があります。ただ、多くの魚介類は茹でるとタウリンを失ってしまうため、お刺身やサラダなど生の状態で食べるのがいいでしょう。新鮮な生の魚介類が手に入りにくい場合は、スルメなどがおすすめです。タウリンはミトコンドリアを増やすだけでなく、コレステロールや血圧、血糖を下げ、糖尿病を予防する効果も期待できます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

  1. dna 核酸 若返る
  2. プラセンタ サプリ効果
  3. 細胞核酸
  4. 新陳代謝
PAGE TOP