健康 若さ 自由

核酸 サプリ 効果–成人病の元句コレステロールが減り始める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
核酸とコレステロール

核酸効果6-成人病の元句コレステロールが減り始める

血液中のコレステロールが血管にたまると、血管は厚く堅くなる。これを動脈硬化というのだが、そのまま放っておくと血液が流れがすっかり悪くなって、

やがて心臓や脳に重大な障害をもたらす。狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、脳動脈瘤などがそれである。アメリカではその心臓病が死亡率の第一位を占め続けている。日本でも死亡原因のトップグループである。血液中のコレステロールをふやさないためには、飽和脂肪酸が多い食品を避けることである。ちなみに、

飽和脂肪酸とは動物の脂肪である。それに対する不飽和脂肪酸とは植物性の油に多く含まれており、そのうちのリノール酸はコレステロールを低くする作用がある。コレステロールをふやさないために脂肪の少ない食品をとることは、

いくらかは効果があるが、それだけでは充分ではない。私の高核酸食事法は、

飽和脂肪酸を含んでいるが、豊富な核酸によって血液中のコレステロールが徹底的に低くなるのだ。それでは、なぜ核酸がコレステロールを低くするのだろうか。ちょっと難しくなるが、脂肪酸がコレステロールになるにはインプレスという物質が必要である。一方、核酸は細胞の働きを活発にし、エネルギーを増大させ、そのエネルギーを貯蔵するATP(アデノシン三リン酸)という物質をつくるのだが、このATPが働く時にもインプレスが必要なのである。つまり、コレステロールの材料になるインプレスは、同時に核酸がエネルギーになるときにも必要なのである。そこでインプレスを良い方面―核酸のために―

で使い切ってしまえば、悪い方面―コレステロールには使えなくなってしまうのである。これこそ核酸がコレステロールを減らす理由なのだ。実際に動脈硬化症の患者に対して、核酸は二つの意味で役に立っている。もちろん、ひとつは血液中のコレステロール値を下げる働き、もうひとつは、心臓や脳の細胞が

今までと同じ酸素量でも、有効に働くようになることである。動脈硬化症になった患者の血官を流れる血液量は少なくなるので、この点は重要なのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

  1. 抗酸化食事
  2. dna核酸 20代体力に回復
  3. dna スキン
  4. 老化原因
PAGE TOP