健康 若さ 自由

骨粗鬆症ってどんな病気?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨の強度が低下して、骨折するリスクが大きくなる病気を骨粗鬆症(こつそしょうしょう)といいます。
骨粗鬆症になると、骨の中がスカスカになってもろくなり、ちょっとしたことで骨折しやすくなります。

高齢化の進んだ日本では、もはや身近な病気!

骨粗鬆症になる人の割合は年齢が高くなるほど上がり、50歳以上の女性の3人に1人が骨粗鬆症にかかっています。更年期以降の多くの女性にとって、骨粗鬆症はとても身近な病気なのです。

骨粗鬆症の年代別有病率50代女性の9人に1人、60代女性の3人に1人、70代女性の2人に1人50代女性の9人に1人、60代女性の3人に1人、70代女性の2人に1人骨粗鬆症の年代別有病率50代女性の9人に1人、60代女性の3人に1人、70代女性の2人に1人
【方法】日本骨代謝学会の調査により得られた各年代別のYAM70%未満の人口割合を、2000年の各年代別の予想人口にあてはめ、性・年代別の骨粗鬆症(YAM70%未満)有病率を推定した。

症状をチェックする

2cm以上身長が縮むのは、背骨の骨折のサイン!?

背中が曲がったり、身長が縮んだりするのは、年のせい? いいえ、年をとったから背中が曲がったり、身長が縮んだりするとは限りません。
骨粗鬆症になると、背骨(椎体)の骨折が起こりやすくなります。
椎体骨折のほとんどは、もろくなった椎体が上下に押しつぶされたように骨折する椎体圧迫骨折で、これが起こると背骨が曲がったり、身長が低くなったりするのです。
骨折すると、急性または慢性的な痛みが起こりますが、なかには痛みを自覚しない人もいます。
ある調査では、3分の2の人に痛みなどの症状が出ないと報告されています。
腰や背中の鋭い痛みや鈍い痛みはもちろん、「小さくなった?」と言われたり、「背中が曲がってる?」「身長が縮んだ?」と思ったら、椎体骨折かもしれません。

50代女性の9人に1人、60代女性の3人に1人、70代女性の2人に1人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

  1. 新陳代謝
  2. DNA核酸 心臓病
  3. 手はし冷たい
  4. プラセンタサプリ選びコツ
PAGE TOP