健康 若さ 自由

プラセンタ サプリとコラーゲン サプリの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プラセンタとコラーゲンの違い

プラセンタ? コラーゲンみたいなモノでしょ・・ いいえ、その成分や働きはコラーゲンと全く違います。

成分の違い

プラセンタとコラーゲンでは大きな違いがあります。 その違いを比べてみましょう。 それぞれに優れた面がありますが栄養素の面から比較するとプラセンタが勝ります。

*栄養素

<プラセンタ>

豊富な栄養素を含み、基礎代謝向上作用、血行促進作用、造血促進作用、強肝作用、自律神経調節作用、内分泌調整作用、免疫賦活作用、活性酸素除去作用、抗炎症作用・肉芽形成促進作用、抗アレルギー作用などを持ち崩れた体のバランスを正しく導きます。
1.成長因子
2.アミノ酸
3.タンパク質
4.脂質・脂肪酸
5.酵素類
6.糖質
7.ビタミン
8.ミネラル
9.核酸構成物質
10.ムコ多糖

<コラーゲン>

コラーゲンはタンパク質のみです。
吸収しやすいようにコラーゲンの分子量を小さくし作られたコラーゲンペプチドは、摂取するとヒドロキシプロリンペプチドの形で吸収されます。
ヒドロキシプロリンペプチドにより線維芽細胞が刺激されコラーゲン再生を促進するといわれるものの、その成分はタンパク質であり肉、魚、卵、牛乳などからタンパク質をとるのと大きな違いはないと考えられます。
しかし、摂取しやすさの点でサプリメントやドリンクが利用しやすいといえるでしょう。

こんな悩みを持っている人にはプラセンタがお勧め

豊富な栄養素を含み多くの美容・健康効果があるプラセンタは、カラダの本来のコンディションを調整し、より良い状態へと導いてくれます。 健康や美容の増進にお勧めなプラセンタですが、なんとなく調子が悪いといった不定愁訴がある人には、特にお勧めです。
「不定愁訴」とは、原因がはっきりしないけれど漠然と何らかの症状があり不調を感じる状態をいいます。
代表的な症状は以下のようなものが挙げられます。
•手足・背中の痛み・しびれ
•関節痛
•頭痛
•疲労・脱力感
•睡眠障害
•集中力低下
•食欲低下
•体重変化
•情動不安・イライラ
•息切れ・動悸
•めまい・ふらつき
•のぼせ
•排ガス・お腹の張り
•便秘・下痢

以上の悩みがある人にプラセンタはオススメです。
これらの症状は、ホルモンバランスや自律神経の乱れによって引き起こされることが多く、プラセンタはその調整作用により乱れたバランスを正常に近づける効果を発揮します。

また、肌のくすみ、ハリのなさ、キメの乱れ、日焼けによるダメージなど肌のコンディションが悪いと感じている人にもオススメです。
プラセンタに含まれる成長因子やビタミン、ミネラルなどが肌のターンオーバーを整え美しく潤いある素肌を作るサポートをします。

こんな悩みを持っている人はコラーゲンがお勧め

コラーゲンはタンパク質の一種です。
タンパク質は3大栄養素の一つであり、私たちのカラダを作る上で大切な栄養素です。
ヒトのカラダを作るタンパク質のうち約30%がコラーゲンと言われています。

特に皮膚の約70%はコラーゲンが占めておりハリと弾力を与え瑞々しく美しい肌を作ります。
そのためコラーゲンを含むサプリメントやドリンクが数多く作られています。
その効果のほどは、様々な見方があるのが現状です。

例えばコラーゲンを経口摂取しても、コラーゲンがそのまま肌に届き効果を示すわけではないという意見もあります。
しかし、最近では、コラーゲンサプリメントの殆どは、コラーゲンをさらに酵素分解し分子量を小さくしたコラーゲンペチドからできており、水によく溶け、コラーゲンに比べ吸収しやすくなっています。
コラーゲンペプチドを摂取すると、ヒドロキシプロリンペプチドの形で吸収され、ヒドロキシプロリンペプチドの血中濃度が長時間上昇すると線維芽細胞が刺激されコラーゲン再生を促進するともいわれます。
その作用で期待できる効果は、肌の弾力を保ちハリのある肌を作る、爪や髪のツヤを保つ、目の潤いを保つ、骨密度の維持・関節の老化を防ぐ、血管壁の弾力を保つことで動脈硬化を予防するなどが期待できます。
コラーゲンは、アンチエイジングを心がける人やより美容効果を求める人にオススメです。 とくに以下のような悩みを持つ人にオススメです。
•肌が乾燥
•肌にハリの低下
•肌のくすみ
•紫外線によるダメージ
•爪が割れやすい
•目の乾き

両方飲んでもいいの?

プラセンタとコラーゲンを一緒に摂ることは問題ありません。
ペプチドコラーゲンの効果発揮には、鉄やビタミンCを同時に摂取することが望ましく、多くのミネラルやビタミンを含むプラセンタと一緒に取ることでより効果を引き出すことが期待できます。
プラセンタとコラーゲンのダブル効果でより綺麗と元気を目指してみてはいかがでしょうか。

自然出産の胎盤とは

馬胚は、胎盤の開発の前に、よく妊娠の約12-14 日でエストロゲンを合成し始める。この初期のエストロゲンは明らかに子宮をエスケープしないと、おそらく唯一の局所効果を持っています。妊娠中の雌馬の血清と尿中のエストロゲンのレベルは、妊娠の日60の周りに上昇し始める, 約日でピーク200と, 他の種とは対照的に, 妊娠の残りの間に減少・・・・・.。(出典:Placentation in Horses)

食肉用胎盤とは

あくまでも食肉用のため、馬妊娠してないために、胎盤含まれる成分と妊娠した胎盤の成分の価値が全然違います。

北海道サラブレッドプラセンタ原末230

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

  1. 線維芽細胞
  2. 線維芽細胞
  3. 北海道サラブレッドプラセンタ原末230 美肌
  4. pms
PAGE TOP