健康 若さ 自由

プラセンタサプリ|更年期障害への効果|治療法と副作用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プラセンタ サプリ効果

 

閉経前後にあらわれる更年期障害とは

更年期とは閉経前後の約10年間を指します。日本人女性の平均閉経年齢は50歳なので、おおよそ45~55歳ぐらいがその時期にあたります。

更年期の症状には個人差が大きく、ほとんど自覚症状がない人から日常生活に支障をきたすほどの人など様々です。日常生活に影響があるくらいの症状を、更年期障害と呼びます。

エストロゲンの減少によるホルモンバランスの乱れが原因

閉経が近づくと卵巣機能が低下し、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌量が急激に減少します。

脳はエストロゲンの分泌から卵を成長させる卵胞刺激ホルモンや排卵を促す黄体刺激ホルモンの分泌指令を卵巣へ送っているのですが、エストロゲンの減少によってそのバランスが崩れてしまいます。

さらに、ホルモンバランスの崩れは視床下部も刺激します。すると自律神経のバランスまで乱されてしまい、その結果、心身に様々な症状が現れるのです。

頭痛、めまい、のぼせなど時期で症状が変化

症状には個人差がありますが、更年期の初期と中期~後期にかけて多く見られるのは、主に下記のようなものです。

初期

  • 月経異常…不規則になり、周期が長くなったり短くなる
  • 自律神経失調症…のぼせ、ほてり、発汗、手足の冷え、血圧の変化
  • 精神神経症状…記憶力・集中力の低下、不眠、イライラ、孤独感、頭痛、めまい

中期~後期

  • 膣や膀胱の衰え…頻尿、尿漏れ、細菌性膣炎を起こしやすい
  • 筋肉や骨格の衰え…尿漏れ、肩こり、腰痛、関節痛、子宮脱
  • お肌の衰え…シミ、シワ、透明感の低下

上記以外にも高血圧や高脂血症、高血糖、肥満などになりやすくなります。

更年期障害は注射や薬による治療で対処

現在用いられている更年期障害の対処方法には、以下のものがあります。

プラセンタ製剤のメルスモンは皮下注射しますが、それ以外は貼り薬、塗り薬、飲み薬となり、一部の漢方薬を除いては健康保険が適用になります。

  • メルスモン注射
  • ホルモン補充療法(HRT)
  • 自律神経調整薬
  • 漢方薬

プラセンタサプリの更年期障害への効果

特に安心安全の北海道サラブレッド胎盤を原料としたプラセンタサプリは、多種アミノ酸やミネラルを含みます。ホルモンバランスを整えます。血行促進、造血、疲労回復などの働きが複合的に作用して、更年期障害の症状を緩和に有効の臨床試験あります。

臨床データ

睡眠 疲労回復、はり、シミなどの臨床データがあります。(メーカーのHPに掲載しております)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

  1. プラセンタ サプリ効果
  2. プラセンタ 健康
  3. プラセンタ サプリ効果 シミ
  4. 北海道サラブレッドプラセンタ原末230
  5. カサカサ肌
  6. 更年期
PAGE TOP