健康 若さ 自由

核酸の効果-脱毛、白髪がウソのようにもとへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
核酸 髪関係

 

核酸効果-脱毛、白髪がウソのようにもとへ戻る

額がせり上がり、頭のてっぺんが薄くなる。あるいはいままで太かった髪が急に細くなるというのは頭髪が老化した明確な証拠である。皮膚の衰えにはあまり注意をはらわない男性でも、髪の毛が失われていくことに無関心いられる人はいない。いやおうなくつきつけられた老化の徴候は、まさしく「悪魔の仕業」と恐れたくもなるものだ。というのは、男性の皮膚のシワの数で年齢を見られるよりも、むしろ髪の毛の状態で年の判断されることが多いからである。

実際、髪の毛が薄くなったり、はげてきたりすると、極端に老けこんだ感じに

見えてしまう。ちょっとでも薄くなったと思い出すと、もうそのことが気にかかって仕方がなくなってしまう。他人かみるとまったく気にしていないように見えても本人にとっては、重大な問題なのである。しかし、頭髪の様子は人に

よって個人差が激しものである。早い人は二十代の後半から三十代でハゲはじめる人もいれば、五十代、六十代になってもまだ若いころのような豊かな髪を誇っている人もいる。これはいったいどいうわけだろうか。

ふつう髪の毛は0.3~0.4ミリずつ伸びる。若い人なら十万本ぐらいあるのだから、全体では1日に三十~四十メートルも伸びていることにもなる。こんなに成長が早いのは、頭髪の根にある毛球部がすばらしい勢いで細胞分裂しているからにほかならない。人間の体でこれほど盛んに増殖している組織はほかにない。その分、毎日、豊富な栄養を必要としているのだ。それだけに、体の

栄養状態が悪くなると、真っ先に犠牲になるのも頭髪だ。栄養失調に脱毛は

つきものなのである。さらに、まだ細かいメカニズムはわかっていないものの、

ホルモンの分泌異常、ストレスの蓄積などで脱毛が激しくなったり、白髪になったりすることも確かである。いずれにせよ、頭髪を成長させる細胞の分裂が

ストップしてしまうことが脱毛の第一の原因になるのである。高核酸はこのような髪の老化に対して有効である。核酸は細胞の分裂を支配している。したがって成長をストップしてしまった細胞のために、より多くの核酸を取りいれる必要がある。取り入れられた核酸が衰えた細胞を活発にして、再び髪を成長させるからだ。一方、女性がハゲることはほとんどないが、年齢とともに、髪が薄くなることは否定できない。つややかで豊かな髪も次第に変質してしまうのだ。若いころは美容院で髪をすいてもらっていたほど多かったのに、

いまではカツラを使っている人や、生えぎわが薄くなったのを、カットやパーマネントで上手くごまかしている人も数多くいるはずだ。それは髪が抜けて

本数が少なくなったこともあるが、太かった髪が細く弱々しく変質したことが原因である。このような状態の人にも核酸療法は効果を発揮する。いたんで細くパサついた髪をしなやかなしっとりした髪にすることもできる。現在、ほとんどの皮膚科医は、老化によるハゲはいっさい治療不可能であるといっている。そして、いちどハゲはじめた人はすっかりあきらめていまって、髪を再び生やそうとは思わない。これはまちがいであり、不幸な状態である。それは高核酸(サプリメント)をいちどでも試してみれば明らかになることである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

  1. 老化原因
  2. 更年期
  3. 核酸とコレステロール
  4. 更年期 女性ホルモン
PAGE TOP